※ 「今日の天気は?」 「快晴だ 気温も上がりそうだな」 「ふーん」 というイケメン同士の会話が聞こえてきそうな良い天気でした


2016年 12月29日〜12月31日 コミックマーケット c91 アフターレポート ファイナル


ついに今回で(アフターレポートが)最終回!
年末冬のコミックマーケットを振り返っていきたいと思います。





※ 数年に渡り培われたコミケノウハウより導き出された“最適解”がこの一枚にあるような気がしなくもありません。



・今回の寸評

今年の冬コミは自分の中では史上初の初日参加、そして西ホール1というこれまた今まで配置されたことのないスペースでした。

東京五輪とか改修工事とかまぁ色々あって配置もかなり変わっているようですね(企業スペースは隣のホールでした)

で、10時になると同時にホールに大音量が鳴り響き、いよいよc91スタートです。

といっても今回は新刊のない冬コミでしたし、在庫数の関係でいつもより多めに持っていったこともあり、

早くも配送の心配をするムードムンムンで、けっこうのんびりなペースでした。

『まぁそもそもが29日は平日でもありますし、一般参加の人数にも影響あるんですよね』とか早口で評論家ぶっていたんですが

結果から言うと近年の冬コミ参加では一番頒布できた結果となりました(!)

一般参加者うんぬんなんですが、今年は初日にも関わらずかなり多かったみたいですね。平日とか関係ありませんでした、はい。



※ 今回も裏側スペースを一枚 タブレットを置く100円棚の色が白から黒になりました こっちのほうが網目の関係上置き物が安定します(100円ショップ豆知識)



スペースコーディネイトはわりとテコいれをしました。一番の変更点は無料配布の名刺を前に置いたことですね。

表は自分のメアドとかサイトのURLとか書いてあって、裏は犬と猫とは?といったサークル説明が書いてあります。

で、最初は表を通路側に向けていたのですが、これはまずかったですね。誰も興味持ってもらえませんでした(w)

途中で裏返して、裏面を見えるようにするとけっこう持っていってくれる方がいて思わずニッコリです。

とにかく今回感じたのは新しい人が多かったなということですね。それ+外国の人も多かったです。

聞く所によると錦鯉なんかは今や販売の大半が国外相手らしいですが、

そのうちコミケの参加者の大半が外国人、なんて日がくるかもしれませんね。

まぁとにかく初見の人でもわかりやすいように興味を持ってもらえるように色々配備した感じとなりました。

あと、このコーディネイトを準備するのが毎回けっこう時間がかかってしまっています(1時間ちょっとぐらい)

このへんもうちょっと短縮できたらなーと思っています。

それと今回は前回の課題でもあった、新たな両面テープを持っていきました。今までのだとちょっと張り付きが甘かったですし、

値段も高く、コスパ厨の自分としてはもうちょっといいのないかな?と思っていたのです。

そこで80枚いりのこれ買ったんですが、確かに粘着力はあるものの、

終わってみれば半分ぐらい使っていたのでコスパはさらに悪くなってしまったかもしれません。涙。

まぁでもけっこうしっかり付いてくれたので今後も使っていく予定です。


・今回の大雑把な消化率

タイトル
消化率
備考
ウィッチリングマイスター 93% ほぼ完売しました。前回は早めに切れてしまったので全ての方に行き渡ったのは良かったです。
ダンジョン少女 40% こちらはだいぶ余りました。ジャンルの問題もあるのかもしれません。
ラクノープリンセス 50% そこはかとなく頒布できました。
エリクシア 50% そこはかとなく頒布できました。
ムーンライトバスケット 100% 完売しました!
オーシャンランチアンティーク 100% 完売しました!
ハーヴェストグリーン 70% ほどよい感じで頒布できました。
リミットレスビット 70% ほどよい感じで頒布できました。
その他同人誌 0% 僅かに持っていってましたが、今回は頒布ならず…!




※ 随分綺麗に真正面から撮れてるな、と思うかもしれませんが当然ながらフォトショップで加工修正を施しています。


・あとがき

というわけで、長らく続けたアフターレポートはこれで最後となります。ここまで見ていただきありがとうございました!

元々はコミケに持っていく在庫の数を把握したり、あるいはスペースのコーディネイトの参考にするため、

毎回ログを残すという形で公開していたのですが、長年のコミケ参加により、そろそろその意味を成さなくなっていたと感じ始めました。

そして数年前とは違い、情報を発信する場としてのツールの存在感が増す昨今、ちょうど良いキリと思い、今回の決断となりました。

アフターレポートが終わってもコミケなどのイベントには参加すると思いますし、他ツールでの情報発信はあると思いますので

今後も犬と猫をどうぞよろしくお願いいたします。そして、今回もコミケに足を運んでくださった皆様、ありがとうございました!

またお会いできる日を楽しみにしております (2017 1/6)